大きく息を吸い

カテゴリー

「だろうと思ってた。剣とおなじ鞘の中でものを考えてるかぎり、きみはこれからもそういう間違いを犯しつづけると思うよ」
 レルドリンはこの指摘に顔を赤らめたが、次の瞬間悲しそうに微笑んだ。「ずいぶん手消化系統厳しいね、ガリオン」かれはとがめるように言った。
「ごめんよ」ガリオンはすぐに謝まった。「もっと別の言い方をするべきだったね」
「いや、いいんだ。ぼくはアレンド人だからね。はっきり言ってもらわないと、間違って解釈するおそれがあるんだ」
「だからって、きみの頭が悪いってことにはならないよ、レルドリン。誰だってそのぐらいの間違いはするんだから。アレンド人は馬鹿じゃない――ただ衝動的なだけなんだよ」
「これ全部を衝動的という言葉で片づけるわけにはいかないだろうな」レルドリンは木立の下に生えている湿っぽい苔を指しながら、悲しそうに言った。
「これって?」ガリオンはきょろきょろしながら聞き乳鐵蛋白かえした。
「ここは中部アレンディアの平野に出る前に通る、最後の森林地帯なんだ。ミンブルとアストゥリア間の自然の境界ってわけさ」
「他の森と変わらないように見えるけど」ガリオンはあたりを見回しながら言った。
「それが違うんだな」レルドリンは陰気な声で答えた。「ここは待ち伏せをするにはちょうどいい場所なんだ。森の床は古い骨におおわれている。そこを見てみなよ」かれは指さした。
 はじめ、レルドリンの指したものは、苔の中から二本のねじれた棒きれが突き出していて、その先端の細枝がうっそうと茂る藪にからんでるとしか思えなかった。だが次の瞬間、ガリオンは激しい不快感とともに、それが緑色がかった人間の腕の骨で、断末魔の苦しみのうちに指がや拔罐ぶをつかんだのだと悟った。かれは憤りを感じながら、「かれらはどうしてこれを埋めなかったの?」
「ここにある骨を千人の人間が全部集めて土に埋めたとしても千年はかかるな」レルドリンは気味が悪くなるほど抑揚をつけて言った。「アレンディアの全世代にわたる人間がここに眠っているんだ――ミンブレイト人も、ワサイト人も、アストゥリア人も。みんな倒れた場所に横たわって、苔の毛布におおわれながら永遠にまどろみ続けるのさ」
 ガリオンはぶるっと身震いして、森の床に波打つ苔の海からぬっと出ている孤独な腕の無言の訴えから目をそむけた。奇妙な苔のこぶと小山は、その下で何か不気味な物が朽ち果てていることを物語っていた。視線をもどすと、でこぼこの地面が見渡すかぎりつづいていることがわかった。「平野に着くまで、あとどのくらいかかるの?」かれは物静かな声で聞いた。
「二日だろうな、たぶん」
「二日も? ずっとこんな感じで?」
 レルドリンはうなずいた。
「どうしてそんなことが?」ガリオンの口調は思ったよりも、ずっと険しく、非難めいていた。
「最初はプライドのためだった――それと名誉だ。その後は悲しみと復讐のため。そして最後には、ただ単に、どうやって止めたらいいのかわからなくなってしまったという理由で。前にきみが言ったように、ぼくらアレンド人っていうのはよく頭が働かないときがあるみたいだな」
「でもいつだって勇敢じゃないか」ガリオンはすかさず言った。
「ああ、そうさ、いつだって勇敢だよ。それがこの国の呪いでもあるんだ」
「ベルガラス」うしろからヘターの物静かな声がした。「馬が何かかぎつけたようです」
 ミスター?ウルフは馬の上でよくやる例の居眠りからハッと目をさました。「なんだ?」
「馬ですよ」ヘターは繰り返した。「このむこうにいる何かが馬を怯えさせているんです」
 ウルフの目は一瞬細くなったかと思うと、奇妙なことに、見るみるうちに虚ろになってきた。
 しばらくするとかれはブツブツと呪いの言葉を口にしながら、大きく息を吸い込んだ。「アルグロスだ」かれは言った。
「アルグロスって?」ダーニクが聞いた。
「化け物だ――トロールの遠い親戚のようなものだな」
「トロールなら前に一度見たことがある」バラクが言った。「かぎ爪と牙をもった、大きくて醜いやつだ」
「襲ってくるでしょうか?」ダーニクが聞いた。
「ほぼ間違いない」ウルフの声は緊張に震えている。「ヘター、きみは馬をどうにかして落ち着かせるようにしてくれ。わざわざみんなが離ればなれになる必要もないからな」
「あいつらはどこから来たんですか?」今度はレルドリンが質問した。「この森には化け物なんていないはずなのに」
「あいつらは腹を空かすと、ときどきこうやってウルゴの山脈から下りてくるのだ。ひとり残らず食われてしまうから、あいつらのことを報告した者はいないがな」
「何か手を打ったほうがいいんじゃない、おとうさん」ポルおばさんが言った。「すっかり包囲されてるわよ」
 レルドリンは自分の立場を確認するように、キョロキョロとあたりを見回した。「エルゴンの岩山までそう遠くはない。あそこにたどりつければ、アルグロスを近寄らせずにすみますよ」

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。