は政府に対する意見書

カテゴリー

在日米国商工会議所(ACCJで)「JAグループは実質的に不特定多数に販売できる規制を利用して金融事業を拡大させてきた」とし、さらに「金融庁規制下にある保険会社は生損保兼営が禁止されmask house 面膜ているが、JA共済にはこれが認められている」と指摘。

「このような緩い規制環境に置かれたJAグループの金融事業はすでに日本の保険市場において大きなシェアを占めている」「JA共済は保有契約件数で見ると日本の生命保険会社として第3位の規模を持ち、生命保険収入でのシェアは10%に及ぶ」と非難しています。

 そして「逆に、自己改革案の中にはJAグループの金融事業の更なる肥大化が散見される。准組合員の拡大が進む恐れがある」と述べ、日本政府の規制改革実施計画高血壓中醫で准組合員の利用制限が検討されていることについて「歓迎する」としています。

つまりこの問題は、日本の農村を日米大企業の草刈り場にmask house 面膜するのか、助け合いを基礎とした地域コミュニティを守るのかが問われていると言えるでしょう。

 有名な話ですが、オーストラリアの小麦の農協AWBは、農家が株主となって株式会社化しましたが、その後カナダの肥料会社アグリウムに買収され、その1カ月後には米国資本の穀物メジャー、カーギル社に売り払われました。

 これはつまり、JAのシェアを俺たちにもよこせ、と圧力をかけているわけです。
 農水委員会で私が「今後5年間で株式会社化が進まなくても問題にしないのか」と聞いたところ、林大臣はハッキリと「おっしゃる通り(問題にしない)」と明言しました。ここはしっかり記憶しておきたいところです。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。