ヌーボーの予約を見

カテゴリー



解禁日は、11月の第3週の木曜日となっているが、
節分の「巻き寿司の丸かぶり」のように、
いつの間にやら、日本の年中行事のようになっている。

この習慣は、フランスでもそれほどの歴史がない。
なにしろ、ボジョレ・ワイン自体がパリ辺りで知られreenex 效果るようになったのは、
いわゆるアプレ・ゲールと呼ばれる第一次世界大戦以後だと言われている。

その頃の評判は「安ワインの中で最上のもの」という奇妙な形容が成されていた。
出来の良い年には15度以上のアルコ皇室纖形 旺角ール量となり、
酔えるワインでもあった。
若くして飲むワインで、おまけにマセラシオン・カルボニック醸造法、
日本語流に言えば『炭酸浸漬法』と呼ばれる製法を得てから、
商売っけを出して、どこよりも早く市中に出回るワインとなった。
そうなってからがスゴい。
フランス、イギリス、アメリカ、そして日本へと伝播。
その勢いのまま韓国、中国が消費を伸ばしている。

何でも、かんでも、年中行Dream beauty pro 脫毛事に組み込まれるようになったら、
お商売としてはありがたい。

「♪酒が呑めるぞ」と歌う歌がヒットしたことがあった。
調べると、1979年12月リリースとあり、72万枚も売れている。
正式なタイトルは『日本全国酒飲み音頭』。
歌詞は、「1月は、正月で酒が呑めるぞ、2月は、豆まきで酒が呑めるぞ、
3月は、ひな祭りで酒が呑めるぞ、、」
と歌う単純なもの。
現在、歌われるとすれば、
11月は、このボジョレ・ヌーボーが歌詞に入ることだろう。

解禁日までは、まだ日数を要する。
それまでの間、すなわち、
今ごろから10月にかけては、ドイツのビール・フェスティバルである
『オクトーバーフェスト』が日本国中を駆け巡っている。

これも、いつの間にやら年中行事に組み入れられている。
今の日本、「♪酒が呑めるぞ」の歌詞10月の部は、コイツが入る?


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。