あるグに入ってリタイア

カテゴリー

蝶ブログの最近の小さな、ちょこっとした変化。

先月のパリ日記のときに、がくんと閲覧数瑪姬美容 去印が減少し、帰国してから回復。
さらにその後、これまでより増えた。
つまり、ブログ開設以来(7年目)、今がピークになっている。
不思議。
(じつに、かわいく、ささやかな数字ですが)

ブログ村の「エッセイ」カテゴリーで、パリ行きの前は、アップすれば、だいたい人気記事に入っていたが、
今は、ゼロ。
代わりに、「50代の生き方」の人気記事に入る詩琳美容ようになった。
不思議。
以前は、50代人気記事からは、見向きもされなかったのに。
(といっても、大勢[たいせい]には全く影響のない、隅っこのところのものですが)



男性に好まれるものと、女性に好まれるものは違うように感じる。
ブログ村「エッセー」は、男性好みのものが上位ランキングに入っている。
年齢はとらわれないが、時間に余裕のあるリタイア年代が主な書き手、読み手だろう。
男性には、社会に開かれた内容のものが好まれるように思う。
政治経済、時事、文化歴史、客観的描写の旅???。
当然、例外もあるが。
逆に、心情や愚痴など、自分のことばかり書い詩琳美容ている、内向きの私的なものは、女性には読まれる傾向にある。

書き方や表現もさることながら、ブログ内容に左右される。
自分と同じ境遇、同じ思い、みたいな内容か、あるいは、まったく別世界のような内容。
両極端に二分化されるのでは?


ちょっと宗教がかった、カリスマ的なブログもある。
○○教、教祖様。
信者が読む。
わたしは、この手のものは、ニオイが嫌いなので、パス。

書きにくいことをビシバシ?ズバズバ書いているものも、突き抜けていて、ある意味、気持ちいい。
いわゆる、毒吐き。
ただし、人間性や人格を疑われることにもなりかねない。
読み続けると、毒を吐いている人から毒が抜け、知らない間に毒が読み手に溜まってくるのは副作用か。
一時期、私も毒吐き時期があり、読まれる方には解毒剤をオススメしていた。


まともな生活をしていなさそうなブロガーさんのブログは、わたしは読まない。
が、哲学系だとか、悶々と何かを追求しておられるものは、
生活はまともではなくても、内容としては面白い場合がある。
狂気系は、NG。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。