にかわるといる

カテゴリー

それは一胸中極微の男。三年前、あの顷の私が最初に登場した仕事やがて彼は初めて网路へはいっていくと生活を维持し余年连络の亲友。およそ私は生活や仕事での质问があり、旅に出て、彼は自ら出張に遊んでいたと悔やんだ。

友达が好きですに対しては君子の交际を萍水と対面した。いわゆるの美人の蓝颜恋人でも、人も寂しい探しの様々な口実で、私は好きでないで、極度にそうだった。

さんも上手です。私は好きだかさん、尊敬と呼ばれています。2年ほど前から私体が弱かったので、彼はわざわざ地元盛り上げて行く私を见が连れて行ってくれた一部の薬を饮み、私に多くの都市を転々としたことはあるが、連絡が途切れた。たまに気がついたのは何がいいという文章をすれば、あるいは気を悪くしないから、と僕は思った。彼は知っている。私が逃亡の習慣を见终わったという話を聞いて、時々ね、回复一言や二言、时には押し黙って、それからの電源を切って会话ウィンだった。

冷ややかで、ちょっと呆気に取られるわけではない。たとえ、無言のまま心も明遼、もし記憶つまら一言だった。北朝鮮側から南へと、あたしの都市の中ですぎていた男女がなくて、しかし私は好きじゃありません。なぜなら、淀んだ。时々の冷静な歩歩いたことがあって混み合っている街で、僕の目を樹木长得青空だけ見ても、ただのを見ためをとおって、河川や一匹あすかにかわると挨拶を交わしている。

好きなすべての极のもの、他人がれない景色の中で、私は一人で幅広い年代や、一草一木にをしてきた。清風と垣根の生活、必ずしも隠遁田園が避けられないと、一人の心の奥底ですれば十分贪るよう清洁で、騒乱のにぎやかな都会ではひっそりと閉鎖的な田舎の村は、が自分の魂の安棲だったのだ。

もしできるならば、私はむしろずっとこのまま行けば、任門前に刈られ萋萋、任一轮の花を一本の草成长して生存する様子を見せた。亲爱なる、あなたが来てくれて来ないであろうと、みんなに差し支えがないと私はゆっくりと年取っていく。

的修一処清風柵もありますを通じて(通って)で、外部からすれば、私の蒸しようと、私とは何の邪魔された。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。