しばらくここをお願

カテゴリー

ナナ、シュラに効果的な武器ってないの?」
「ない」
 あっさり即答されたマイは、それでも少しは期待していた。
「元々ヒドランジアはイオナ、この星の光の女神と雀巢奶粉同じだから、ヒドラボールしかないんだ。武器となるものはこの星に着いた時、全て消失してしまった」
「この星に着いたって、ナナはこの星の生まれじゃあないの? 先住民族『ヨミ族』のメシアだって言っていたじゃあない?」
「メシナとは、決まって『天より降りてくる』ものさ、あの時この星に降りた私をムシビトたちが『メシア(救世主)』とかってに呼んだだけの事さ」
「あの時?」

「メシナは彼方からムシビトの出す生体エネルギーに誘導され、この星に母乳餵哺着いた。その地はモンゴルだったと聞いている」

 ー火の玉は、静かに開いた。中にいたのは緑の髪の「少女」だった。モンゴルの人々は「少女」と思ったが、それは生き物ではない。ゴラゾム細胞をまとった『インセクトロイド』つまり『サクヤ』だった。モンゴルに着いた「レムリア」は「異界」に消えてしまっていた。そして「シュラ」は母乳餵哺ラグナによってアガルタの海底深くに沈められていた。サクヤのAIはシュラを感知できなかった。当時はまだ次元の谷の時の流れも緩やかだったため「サクヤ」は谷をフルパワーで超えた。そしてヨミの花園に降り立つ、しかしそこでも「ムシビトたち」の生体反応しかない。「ラグナ・ノア」のマユは完全にシュラを包み込んでいた。そしてサクヤのAIは「任務」はもう「履行不可能」と判断し、自己消滅をする。しかし全て消えたのではないー

「万一の事態を考え、サクヤのAIは『シュラ破壊の機能』を分割し、後の『レムリア王国』に留めたのだ」
「それが『龍刀』なの?」
「そうとも、『白龍刀』、『黒龍刀』そして『万龍刀』別名『バジェスの剣』さ」
「じゃあ、マンジュリカーナの持つ『七龍刀』はサクヤが残したものではないの」
「七龍刀については詳しく知らない。サクヤは三振りの『龍刀』と最後にAIに残る、カグマの意志を集めて私を残し消滅した。私をナナと呼んでいるが、正しくは『ヒドラ』という」
「なんだか、怖そうな名前ね」
「まあそれもムシビトの言葉では『ヒドランジアーナ』というのだがな」

 マイはナナの説明を聞き、諦めに似た言葉を発した。
「サクヤはとっくに地球に到着し、そしてすでに消滅していたなんて……」



は政府に対する意見書

カテゴリー

在日米国商工会議所(ACCJで)「JAグループは実質的に不特定多数に販売できる規制を利用して金融事業を拡大させてきた」とし、さらに「金融庁規制下にある保険会社は生損保兼営が禁止されmask house 面膜ているが、JA共済にはこれが認められている」と指摘。

「このような緩い規制環境に置かれたJAグループの金融事業はすでに日本の保険市場において大きなシェアを占めている」「JA共済は保有契約件数で見ると日本の生命保険会社として第3位の規模を持ち、生命保険収入でのシェアは10%に及ぶ」と非難しています。

 そして「逆に、自己改革案の中にはJAグループの金融事業の更なる肥大化が散見される。准組合員の拡大が進む恐れがある」と述べ、日本政府の規制改革実施計画高血壓中醫で准組合員の利用制限が検討されていることについて「歓迎する」としています。

つまりこの問題は、日本の農村を日米大企業の草刈り場にmask house 面膜するのか、助け合いを基礎とした地域コミュニティを守るのかが問われていると言えるでしょう。

 有名な話ですが、オーストラリアの小麦の農協AWBは、農家が株主となって株式会社化しましたが、その後カナダの肥料会社アグリウムに買収され、その1カ月後には米国資本の穀物メジャー、カーギル社に売り払われました。

 これはつまり、JAのシェアを俺たちにもよこせ、と圧力をかけているわけです。
 農水委員会で私が「今後5年間で株式会社化が進まなくても問題にしないのか」と聞いたところ、林大臣はハッキリと「おっしゃる通り(問題にしない)」と明言しました。ここはしっかり記憶しておきたいところです。



日本人の頭の中では

カテゴリー

ギャグとジョークは、
ギャグは、『瞬間の笑いの言葉』であり、
ジョークは、小咄のように誰かが思いつき、
笑いを共有したいところから生まれる『笑い話』と考えるのが良さそうだ。
それで当て嵌めて廣州長隆みると、
「おやじギャグ」は、笑いを共有するなんてものではない。そう考えると、
「ジョーク」と「ギャグ」は、笑いの質で無意識のうちに区別しているようだ。


「縁日に行くと『のぞきからくり』というものがあった」
と話す老人の昔語りを聞き、遠い昔に思いを馳せたことがあった。

『のぞきからくり』とは、
「からくり、からくり、からくりバッタン」という口上をはさみ、
興味をそそるような唄いで物語が展開していく箱形の装置だったそうだが、
「おもしろかった?」と聞日本人の頭の中では
けば、「さほど」
と素っ気ない返事が返って来た。
『のぞきからくり』は、17世紀頃には、すでにあり大正時代頃まではあったようだ。
それに取って代わったのが、映画の原型となる装置であるキネトスコープ(Kinetoscope)。

ギャグは、もともとの意味は、猿轡(さるぐつわ)という意味。
劇場などで観客がザワザワして私語をしたり落ち着かない時に、
颯爽と登壇する者があらわれ、
観客の歓心搬屋をひき、
一言で、流れを変えて観劇する心構えをつくる。

その一発芸の役割が「ギャグを飛ばす」の語源的意味であるようだ。
すなわち、観客の口に猿轡をはめることを意味する。
そう言えば、近ごろの大臣と呼ばれる政治家。
「ギャグの名手」。

一言で、周りを凍りつかせる言葉の使い手。
その言葉 (ギャグ) のために辞めた大臣も続いている。
猿轡(ギャグ)が必要なのは、政治家の口のようだ。