しばらくここをお願

カテゴリー

ナナ、シュラに効果的な武器ってないの?」
「ない」
 あっさり即答されたマイは、それでも少しは期待していた。
「元々ヒドランジアはイオナ、この星の光の女神と雀巢奶粉同じだから、ヒドラボールしかないんだ。武器となるものはこの星に着いた時、全て消失してしまった」
「この星に着いたって、ナナはこの星の生まれじゃあないの? 先住民族『ヨミ族』のメシアだって言っていたじゃあない?」
「メシナとは、決まって『天より降りてくる』ものさ、あの時この星に降りた私をムシビトたちが『メシア(救世主)』とかってに呼んだだけの事さ」
「あの時?」

「メシナは彼方からムシビトの出す生体エネルギーに誘導され、この星に母乳餵哺着いた。その地はモンゴルだったと聞いている」

 ー火の玉は、静かに開いた。中にいたのは緑の髪の「少女」だった。モンゴルの人々は「少女」と思ったが、それは生き物ではない。ゴラゾム細胞をまとった『インセクトロイド』つまり『サクヤ』だった。モンゴルに着いた「レムリア」は「異界」に消えてしまっていた。そして「シュラ」は母乳餵哺ラグナによってアガルタの海底深くに沈められていた。サクヤのAIはシュラを感知できなかった。当時はまだ次元の谷の時の流れも緩やかだったため「サクヤ」は谷をフルパワーで超えた。そしてヨミの花園に降り立つ、しかしそこでも「ムシビトたち」の生体反応しかない。「ラグナ・ノア」のマユは完全にシュラを包み込んでいた。そしてサクヤのAIは「任務」はもう「履行不可能」と判断し、自己消滅をする。しかし全て消えたのではないー

「万一の事態を考え、サクヤのAIは『シュラ破壊の機能』を分割し、後の『レムリア王国』に留めたのだ」
「それが『龍刀』なの?」
「そうとも、『白龍刀』、『黒龍刀』そして『万龍刀』別名『バジェスの剣』さ」
「じゃあ、マンジュリカーナの持つ『七龍刀』はサクヤが残したものではないの」
「七龍刀については詳しく知らない。サクヤは三振りの『龍刀』と最後にAIに残る、カグマの意志を集めて私を残し消滅した。私をナナと呼んでいるが、正しくは『ヒドラ』という」
「なんだか、怖そうな名前ね」
「まあそれもムシビトの言葉では『ヒドランジアーナ』というのだがな」

 マイはナナの説明を聞き、諦めに似た言葉を発した。
「サクヤはとっくに地球に到着し、そしてすでに消滅していたなんて……」