経済協力開

カテゴリー

BLI(Better Life Index=より良い暮らし指標)なるモノを
発表し始めた。
いわゆる幸福度を測る指標。
その指標には、調査項目が幾つかあり、総合的に評価して順位が決定される。
22日に発表された所釜山自由行によると、
日本は36カ国中21位だったそうだ。
トップは昨年に続きオーストラリア。ノルウェー、アメリカと続いた。

そう言えば、新興国が経済発展し、
さぞや、その国は豊かになっただろうと思っているが、
インドなどには、豊かになってはいないと、否定的な意見が多いとも言われる。
急速度に経済が発展しているのに、
否定的な意見が多いのは、何か奇異な感じがする。
そのことは、いつの間にか、我々は経済発展が豊かさをもたらすという
固定観念を「常識」として身につけてしまっていることに起因しているようだ。

ふと、小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン) の小説
『常識』を思い浮かべてしまった。
その小説のあらすじを花東旅遊紹介すると、

「ある寺の和尚のところに夜な夜な普賢菩薩(ふげんぼさつ) が姿を現すという。
それを聞いて、和尚と親しい猟師が訪ねる。
毎晩、和尚と一緒に菩薩を迎えているという寺の小僧の言葉に、かえって、
疑問を抱く。
その夜、猟師が和尚たちとともにいたところ、
燦然(さんぜん)と光り輝く普賢菩薩が姿をあらわした。
圧倒されるばかりの威光があたりを包む。
突然、猟師が立ち上がり菩薩に矢を射掛けた。
その瞬間、悲鳴とともに光も菩薩の姿も消えた。
和尚は半狂乱になって猟師を罵(ののし)る。
そこで、猟師は訥々(とつとつ) と語りはじめた。
「徳の高い和尚が仏を見ることが出来るのはわかる。
ところが、小僧や殺生を生業とする猟師の自分にまで姿が見えるとはおかしい。
仏を騙(かた)り、和尚の生命を狙った化け物の仕業ではないか。」
と言って和尚を諫(いさ)め、翌日様子を見てみようと告げる。
寺から血のあとを辿ってNespresso Pixie Clips咖啡機みたところ、
大きな古だぬきが猟師の矢を受けて倒れていた。

学問と修行を積んでいた和尚であったが、
化け物に手もなく騙(だま)され、
一方の猟師は学問はなかったが、妖(あや)しのものを見破り、危険を脱することができた」
我々の、教養というものは、ことによると、
このような「化け物」にあやつられる道具に過ぎないのかもしれない。



などと言えば

カテゴリー

何ともおどろおどろしい響きがある。
人間の理解を超える、奇怪で異常な存在として、
また、不可思議な力を持つ非日常的な存在として、
世界中、至る所で何らかの伝説や伝承がある。


西洋の妖怪を分析してみると大きく4つに大別できる。
ギリシャ、ローマ(ヘレニズム系)、ゲルマン(北欧系)、
ケルト(ドルイド教)、ヘブライ(ユダヤ・キリスト教)
として、その起源で分類で數學教室きる。
妖怪と言っても、ジークリフトと対峙するファフニールや
ケルト伝説のように、深い森でひっそりと生きている妖怪もいる。
だけども、
ヨーロッパのキリスト教圏が拡大する中で、
それらが持つ善悪の二元論的発想の中に組み込まれ、
すべての妖怪が悪魔として規定されてしまったようなところがある。
そして、そのことにより、
妖怪は、不本意ながら悪魔の領土に放擲(ほうてき)されてしまった。

その点、日本の妖怪は悪魔的な存在もあるが、一概に悪魔とは規定されない。
むしろ、人間的な香りのする妖怪や
憎めない何とも弱々しい妖怪も存在する。
室町時代の書かれた百鬼夜行絵巻(ひゃっきやぎょうえまき)には、
数多くの妖怪が描かれている老年黃斑病變が、
これらを見ると、悪魔的というよりは、「業」を
背負ってしまった存在とみる事ができる。

「妖怪」を英語で表現すると"Monster"となる。
"Monster"のイメージが昔と比べれば、大きく様変わりをした。
その転換点となったのが、"ポケットモンスター"
いわゆるポケモン 。
この存在により、"Monster"は、
悪魔的イメージから愛嬌ある存在へと劇的に変化させたことになる。

そんなことを思ってみると、
長い間、善悪二元論の中で、悪役をやらされていた妖怪を
明るいタッチに塗り雪纖瘦替え、
おどろおどろしい「百鬼夜行絵巻」を「ポケモン大行進」へと
大きくイメージチェンジをはかったと言える。




同じものだが呼び

カテゴリー




赤い色をしているところから、
牡丹が咲く春には、「牡丹餅」と呼び、
萩の花が咲く秋には、「おはぎ」と呼ぶという話もある。また、
粒が残る程度に軽く搗(つ)いた餅であるところから、
「半ごろし」という物騒な名で呼ぶ地方もあるようだ。

今日は、「えびす神社」のお祭りの日。
早朝より西宮えびす神社では、「一番福」の福男を目指して4,500人が、
駆け上った壓力脫髮という。
この商売繁盛の神様とされる「えびす」、
基本的には同じ神様を意味しているのだが、
えびす神社は全国に点在していて、
「夷」「戎」「胡」「蛭子」「恵比須」「恵比寿」「恵美須」「恵毘須」
などの名が宛てられる。
えびす神社や牡丹餅に限らず、
同じものでも呼び名が違ったり、漢字が違っている事も多い。

実際に、そのことによって多少のニュアンスが違ったりする場合もある。
今日、1月10日は、国際連合の最初の総会が開かれた記念日だそうだ。

日本では、今の国連(=英語名The United Nations)を
「国際連合」 と呼ん優纖美容でいるが、
第二次大戦中、日独伊の枢軸国と戦った「連合国」も、
英語では、"The United Nations" である。

日本では、「連合国」とは違う組織として認識しているが、
中国語では、かつての「連合国」も現在の「国連」も
どちらも「聯合國(れんごうこく)」と呼んで、
同一のものと考えているようだ。

かつて、日本が国連の常任理事国の仲間入りをするような動きがあったときに、
いち早く反対を表明したのが中国だった。
それは、元枢軸国だった国(日本)が、「聯合國」の常任理事なんて、
チャンチャラおかしいというのが言い分だったようだ。

「ぼた餅」と「おはぎ」は、呼び名が違っても同じものだが、
「国際連合」と「聯合國」。
同じ組織だが、呼びPretty renew 美容名の違いの中に認識の違いがあるようだ。