経済協力開

カテゴリー

BLI(Better Life Index=より良い暮らし指標)なるモノを
発表し始めた。
いわゆる幸福度を測る指標。
その指標には、調査項目が幾つかあり、総合的に評価して順位が決定される。
22日に発表された所釜山自由行によると、
日本は36カ国中21位だったそうだ。
トップは昨年に続きオーストラリア。ノルウェー、アメリカと続いた。

そう言えば、新興国が経済発展し、
さぞや、その国は豊かになっただろうと思っているが、
インドなどには、豊かになってはいないと、否定的な意見が多いとも言われる。
急速度に経済が発展しているのに、
否定的な意見が多いのは、何か奇異な感じがする。
そのことは、いつの間にか、我々は経済発展が豊かさをもたらすという
固定観念を「常識」として身につけてしまっていることに起因しているようだ。

ふと、小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン) の小説
『常識』を思い浮かべてしまった。
その小説のあらすじを花東旅遊紹介すると、

「ある寺の和尚のところに夜な夜な普賢菩薩(ふげんぼさつ) が姿を現すという。
それを聞いて、和尚と親しい猟師が訪ねる。
毎晩、和尚と一緒に菩薩を迎えているという寺の小僧の言葉に、かえって、
疑問を抱く。
その夜、猟師が和尚たちとともにいたところ、
燦然(さんぜん)と光り輝く普賢菩薩が姿をあらわした。
圧倒されるばかりの威光があたりを包む。
突然、猟師が立ち上がり菩薩に矢を射掛けた。
その瞬間、悲鳴とともに光も菩薩の姿も消えた。
和尚は半狂乱になって猟師を罵(ののし)る。
そこで、猟師は訥々(とつとつ) と語りはじめた。
「徳の高い和尚が仏を見ることが出来るのはわかる。
ところが、小僧や殺生を生業とする猟師の自分にまで姿が見えるとはおかしい。
仏を騙(かた)り、和尚の生命を狙った化け物の仕業ではないか。」
と言って和尚を諫(いさ)め、翌日様子を見てみようと告げる。
寺から血のあとを辿ってNespresso Pixie Clips咖啡機みたところ、
大きな古だぬきが猟師の矢を受けて倒れていた。

学問と修行を積んでいた和尚であったが、
化け物に手もなく騙(だま)され、
一方の猟師は学問はなかったが、妖(あや)しのものを見破り、危険を脱することができた」
我々の、教養というものは、ことによると、
このような「化け物」にあやつられる道具に過ぎないのかもしれない。