ハヤカワファンタ

カテゴリー





マニアックな回想……

「週刊少年ジャンプの暗黒時代」というものが
かつて存在したという。
1996年
「ドラゴンボール、スラムダンク、幽遊白書」
の人気作品3本が続けて連載終了、
発行部数が大きく落ち込んだのだという。

あ、その時期……
そういえば私もジャンプを読まなくなった。
連載終了した作品のファンだったわけではなく、
「るろうに剣心」「地獄先生ぬ~べ~」
を主な目当てに読んでいた。
新連載「封神演義」の絵柄や太公望のキャラに魅かれ始め、
真っ先に目をとおす作品になっていたけれど、
きれいな描線の達者な絵による「残酷描写」におそれをなして
「少年サンデー&名探偵コナン」の
ライトな作風に乗りかえた。

そうか、あの頃、ジャンプは看板作品をなくして苦戦中。
新人作家さんには、重圧がかかる大変な時代だったね……

で、私が少年ジャンプを読まなくなって間もなく、
すれ違いのタイミングで
「遊戯王」の新連載が始まったのか……なるほど。
道理で、1話目からまったく記憶にない作品でした……
もし1話目を読んでいたら、
「遊戯王」のファンになって、コナンは読まなかったかも。
だって古代エジプトの秘宝パズルだし、
手塚治虫「三つ目が通る」を思わせる作風だし、
1話ずつ独立して読める物語だし、
きっと注目したと思うんだよね……
ま、だからどうってことも、ないのだけれど。
そうか、あのとき……

もし「遊戯王」にはまって遊んでいたら、
自分のファンタジーを試作したり、同人誌を作ったり、
の地道な活動には向かわないで、
カード集めして喜んでたりして……(汗×汗)
それはそれで、my暗黒時代だったかも……

で、今頃になって漫画「封神演義」に
ちょっと興味がでてきた。
あの「残酷な展開」の後には、
少年漫画らしい太公望の活躍が
待っていたのか……そうか。そうだったのか。
つい、ネットでネタバレあらすじを拾い読み。
なんだか面白そうな伝奇物語ではありませんか。

あれかな、
「イルスの竪琴3部作」みたいな展開かな。
歴史には描かれず、暗黒時代を旅する
年経た風の魔法使い……
わ~好きだな、そういうの。
「イルスの竪琴3部作」、ジー文庫。
引っ越しのダンボールのどこかに埋もれているはず。
とっても緻密なハイファンタジーで、
脇明子さんの訳文も良かったな。
「星を帯びし者」
「海と炎の娘」
「風の竪琴弾き」
そういえば、また読んでみたいかも……






りするつもりだったけど

カテゴリー

 今週からまた片道1時間半の病院通いを余儀なくされることになった。といってもわたしは元気。元気で暇だからこその使命なのだ。なので、自由気ままに過ごせる今日は、雨だし家で思い切りのん醫學美容びりしようとテレビの前に陣取り、huluで「ホワイトカラー」を見まくった。……、さすがに4話(4時間)で、目と腰が疲れて降参。TVのスイッチを消した時にシンと訪れる静寂の瞬間がたまらなく好きだ。やっぱり静かな方がいい。

 別ブログで7月から参加していた題詠10首の締め切りが明日だ。まだ10首できていないし、今月は参加しない気もしている。いろいろやってみるけれど、ひとりでワクワク感を維持する、あるいはリフレッシュし続けるのは難しいというかなんというか、まあ、上手く言おうとしてないので結論はないHKUE 認可性けど、ちょっと寂しい今日このごろである。


 明日、外に出れば詠めるかな。


 同じひとつの特徴(ブログ)を取り上げても、それを好きと言う人皇室纖形 facialがいれば嫌いと言う人もいるというのが世の中で、後者の方を向いてしまうと自己否定せずにはいられなくなり、大変しんどい思いをする。中には否定してくる相手に立ち向かい、論破へ闘志を燃やす人もいるだろうけれど、そんなパワーは微塵も持っていない。打たれ弱さには自信がある。

 そういうわたしにとって、心地よくいられる方向を思い出させてくれる人の存在は大変ありがたい。「あなたの良さはこういうところである」というそれが、たとえものすごい買いかぶりであるとしても、それを自らの目標として、さらにブログる明るい明日を目指そうではないか! なんてね。

 どうか買いかぶってやってください。←なんか違う。





ヌーボーの予約を見

カテゴリー



解禁日は、11月の第3週の木曜日となっているが、
節分の「巻き寿司の丸かぶり」のように、
いつの間にやら、日本の年中行事のようになっている。

この習慣は、フランスでもそれほどの歴史がない。
なにしろ、ボジョレ・ワイン自体がパリ辺りで知られreenex 效果るようになったのは、
いわゆるアプレ・ゲールと呼ばれる第一次世界大戦以後だと言われている。

その頃の評判は「安ワインの中で最上のもの」という奇妙な形容が成されていた。
出来の良い年には15度以上のアルコ皇室纖形 旺角ール量となり、
酔えるワインでもあった。
若くして飲むワインで、おまけにマセラシオン・カルボニック醸造法、
日本語流に言えば『炭酸浸漬法』と呼ばれる製法を得てから、
商売っけを出して、どこよりも早く市中に出回るワインとなった。
そうなってからがスゴい。
フランス、イギリス、アメリカ、そして日本へと伝播。
その勢いのまま韓国、中国が消費を伸ばしている。

何でも、かんでも、年中行Dream beauty pro 脫毛事に組み込まれるようになったら、
お商売としてはありがたい。

「♪酒が呑めるぞ」と歌う歌がヒットしたことがあった。
調べると、1979年12月リリースとあり、72万枚も売れている。
正式なタイトルは『日本全国酒飲み音頭』。
歌詞は、「1月は、正月で酒が呑めるぞ、2月は、豆まきで酒が呑めるぞ、
3月は、ひな祭りで酒が呑めるぞ、、」
と歌う単純なもの。
現在、歌われるとすれば、
11月は、このボジョレ・ヌーボーが歌詞に入ることだろう。

解禁日までは、まだ日数を要する。
それまでの間、すなわち、
今ごろから10月にかけては、ドイツのビール・フェスティバルである
『オクトーバーフェスト』が日本国中を駆け巡っている。

これも、いつの間にやら年中行事に組み入れられている。
今の日本、「♪酒が呑めるぞ」の歌詞10月の部は、コイツが入る?