言い得て妙だ

カテゴリー

やむをえず、人をあやめてしまった人の苦悩。
子供を亡くした人の苦痛。
夫に裏切られた人の悲しみ。
隠れて借金をせざるをえなくなった人の事情。
家族間における、積もり積もった鬱積。
恋人に裏切られた恨み。
人間関係の陰惨な縺れ(もつれ)。

映画や小説、ドラマのテーマとしては、取り上げられ繰り広げられているが、
実生活にそういうことを抱えている渦中の人は、リアルなテーマからは目をそらすだろう。

深すぎる悩みには、もはや自分では解決できないこともあるし、
こころの病気にも発展しかねないし、
一人で苦しまないで、専門家の手を借りて対処されるのも突破口となるだろう。


そんな大きくない、誰にでもある日常のこころの悩み
そういったものは、生活の一部であって、取り除くことはできないと思う。
人が人として生活している限り、大なり小なり、誰もが抱えるものだ。

悶々と出口のない悩みに振り回され、
自分を見つめ直し過ぎて、かえって自分を見失うこともある。
同じ悩みを持ち、苦悩を分かち合える人と接し、痛みを和らげ合う、
克服した人の経験を参考に、解決の見本とする。
それも、いいだろう。

自分の悩みにどう立ち向かうか?

私の場合は、書籍、書物だった。
多くの素晴らしい人々が、なんの紹介もアポも、手土産も要らず、
解決のノウハウを教えてくれる。
読み手側の理解が遅くても、即座の反応も答えも要求されない。
書物は、いつまでも、じっと待ってくれる。
そのうち、忘れちゃったりする。

私のブログをご覧になる方は、大きな悩みは抱えておられないように思う。
シリアスな状況の人は、何も手につかないことが多いし、
小さなトゲがささった人は、私のブログは逆効果かも。

人間には多少の毒を持っていないと、毒に対処できない。
抗体みたいなものだ。
少しの毒は、ぴりっとするが、攻撃性のある毒は困る。


西洋医学に頼り切らず、漢方など、東洋で永く用いられている癒しの処方、
治癒能力を自分の力で培うのもアリかな、と最近は思う。

音楽や、好きなことに没頭したり、そうやって、こころの洗濯をする。
再生に向けて、自助努力をあれこれ試みる。



こころの底には根付い

カテゴリー

もう、何代も前から町で暮らしていると、田舎(地方出身)意識はない。
町流儀、自分たち流儀で、ことを行えばいいが、
田舎は、その地域の風習、慣習、流儀、やり方があり、
その通りでないと、「あのやり方は、間違って鑽石能量水 消委會いる」とかなんとか、非難の的になる。
「ほっといてくれ」というような人は、田舎には住んでいない。とっくに、町に出ている。

町に出られない事情の人は、やむなく田舎に住み続け、自分も嫌だけど無理やり頑張ってやっているんだから、
他の住民や親戚にも、自分と同じような流儀でやらせようとする。
町から、出て行った人は、涼しい顔で、
「よう、やってんなあ、そんな(無意味な疲れる)こと。お金と時間と労力、ご苦労様」みたいに、
自分は逃れられて、部外者になって、その選択は間違って寫字樓搬運なかったように言う。

時代は変わり、インターネットの時代には、流行もデモ情報も、同時に流れる。
価値観も氾濫する。


当地に住んでいない人間が、当地の風習に従わないと、
「こっちに住んでいないからね」と、冷やや願景村 退款かな目で見られる。
当地に住まないのは、気に入らないからだろうと推測される。
その推測は当たっているのだが。
郷に入れば、郷に従え。それが嫌なら、郷に入るな。

住みたくないが、維持もしたい。
ものすごく遠方地なら家を処分するのも、やむをえないだろうが、
そう遠くない場合は、よっぽどのことでもない限り、売ったりしない。
たとえ、売ったとしても、二束三文、市場価値は、雀の涙で、限りなく低い。
先祖代々済み続けていた当家の人たちだけにとって、価値がある土地である。
他人には、なんの値打ちもない。

移民文化の民族には理解できないことだろう。
日本のように、土着農民スピリッツが、まだまだ延々と地方のあちこちには根付いている民、
特に、農民の、農地に対する思いは、重い。
生まれ育った土地を大切にする精神は、次世代である若い世代にも受け継がれている。
(震災で故郷を離れざるをえなかった人々の苦悩は、推して知るべし)

土地だけでなく、家も。
house(ハード面)ではなく、家制度のイエ。
とっくにそういう制度は、民法では廃止、消滅しているものの、
まだまだ長男が跡継ぎで、家督がどうの???と、ているようだ。
たいした家柄ではなくとも、代々、継続させるというだけでも、目に見えない苦労がある。

日系2世や3世の人々は、外地の暮らしをし、外地の言語を話し、
ルーツは日本であるということには違いないが、日本で暮らす日本人とは、一線を画す。
ルーツだけを語り聞かされ外地で育つのと、
実際に、ありありと心物両面、物証が息づき物語る暮らしをするのとでは、臨場感、リアリティ、影響の濃度が違う。





パラパラとサンドイッ

カテゴリー



ラオス?ビエンチャンからは、定員60人ぐらいのプロペラ機。
スリル満点。
あるイタリア系?カップルは、最初から最後まで、女性が、男性に抱きついて、
震えたまま、頭を上げなかった。
いつものことなのか、彼は、彼女を抱えたまんま、上手に種牙本を読んでいたが、
食事はさすがに、無理のようだった。
彼女の頭を抱えたままでは、頭の上に、チの粉やら具やらが落ちては、
ちょっと気が引けるだろうし。

私は????ガタガタ音と共に揺れる機内、抱きつく彼氏もおらず、
出発直前に済ませた(おつとめした)、お盆行事で、覚えたての御経を唱えていた。
お経もこういう時には、役に立つ。(→またもや、バチ当たり)


それはそれとして、
日本の皆にラオスを、もっともっと広く知っていただきたい。
(本日は、余裕なく、かなりの唐突な結びになinvisalignっている???)
忙しい時に、ブログを更新しようという、その心根、
はっきり言って、間違ってます。
あと2分しか時間がありません。

なのに。
更新しようなんて???。
明らかに、厚かましい。

中途半端で、ナメとんか?!と、お叱りを受けそうです。

夏のイレギュラー3部作、その1
お盆行事が本日終了した。
さきほど、婚家から帰宅したばかり。

話せば長いことながら???
今回のお盆は、重かった。
とても、重くて、こんなに短い時間では、
心の整理もできないまま、文字に買樓收租するのは躊躇(ためら)われる。
全部、夏の予定が終了して落ち着いたら、また、したためたいと思う。
自分の心の中の大きな節目になるかも知れない。

他県に住む息子が今夜、婚家に帰ってきた。
お盆だからだろうけれど、律義なお方。
それで、車に乗せて、我が家まで連れて帰ってきた。
明日には、東京の娘も帰省する。
ああ忙し。

ついでのついでに、腰痛発症。
旅行前にまた、
なんで、こんな時に???。