こんなんじゃあ

カテゴリー


逆のパターンはある。
尽くされるほうが、うまくいくことが多い。
尽くしても、相手をつけあがらせるだけだ。
高飛車、大きな態度に出たほうがいい。
(あくまでも、わたしの場合。わたしは、受身でおとな染髮焗油しいので、なめられる傾向がある)

ど演歌の歌詞で、「尽くして、捨てられて」「いまでも、あなたを愛してる」「あなたを忘れない、忘れられない」
などというのがあるが、
あれは、男性が幻想、幻影を抱いて、実際にはありえないことをわかって、確信犯で作詞しているのだろう。
そんな女性は、見たこともないし、知っている人にはひとりもいない。
男性のほうが、いつまでも、女々しく、捨てられ銅鑼灣 髮型屋た女性のことをぐじゅぐじゅ思い続ける。
たいがい、堪忍袋の尾が切れて、男性を捨てるのは、女性だから。
女性は、見切りが早い。だめなものは、だめ。あんた、だめ。はい、次。
もちろん、男性に捨てられる女性もいるが、、捨てられても仕方ないというパターンが多い。


で、どんどん話は、それているが???

つまり、見かけが少々気に入らなくても、上記の条件を満たしていると、付き合うということだ。
付き合うイコール好きになる、とは、また違ips 整容うのだが。

見かけがよくない、見かけのせいで、異性にモテない人は、中身や行動で、頑張る。
(才能があっても努力しないと大成しないが、そこそこの資質でも、熱意と努力で、花を咲かせるのと同じ)
なので、付き合うと、見かけがいい人より、ずっと努力家である。
ワケありセールで、本来は高価なのだが、割安で出ている、蚤の市で見つけた高級品みたいなかんじで、気に入れば、お得だ。


知らず知らずのうちに、自分が不幸にならないタイプを選んでいる。

あ、関係ないけれど、
わたしより歌が下手な人でもオッケー。(わたしも、かなりオンチだが)

どちらかというと、スポーツ選手や芸能人より、
政治家や実業家、コメンテイター、記者、作家、教授系のほうが好き。
芸術系や哲学系、クリエーター系は、オプション。

どうぞご勝手に!と言われそうだ。

夫にする人は、自分より能力が上の人を望んだ。
子供への遺伝子も考えた。
夫選びの基準にも、わたしのサボり精神、手抜き根性が色濃く現れている。


わたしの親の世代は、頑張り世代だ。
戦前派、戦中派が多いと思う。
なので、とても忍耐強く、よく働く。そして厳しい。
そんな親と比べると、一世代若い我々は、頑張りが劣る。
なので、夫は、わたしの父親に比べると、劣る。
わたしは、夫の母親に比べると劣る。
まあ、しかたない。
どっちも、そんな立派な親と比べて、配偶者に幻滅したりしても、しかたない。
自分が、甘いんだから。
甘く育つことができて、時代に感謝しなければ。



あるグに入ってリタイア

カテゴリー

蝶ブログの最近の小さな、ちょこっとした変化。

先月のパリ日記のときに、がくんと閲覧数瑪姬美容 去印が減少し、帰国してから回復。
さらにその後、これまでより増えた。
つまり、ブログ開設以来(7年目)、今がピークになっている。
不思議。
(じつに、かわいく、ささやかな数字ですが)

ブログ村の「エッセイ」カテゴリーで、パリ行きの前は、アップすれば、だいたい人気記事に入っていたが、
今は、ゼロ。
代わりに、「50代の生き方」の人気記事に入る詩琳美容ようになった。
不思議。
以前は、50代人気記事からは、見向きもされなかったのに。
(といっても、大勢[たいせい]には全く影響のない、隅っこのところのものですが)



男性に好まれるものと、女性に好まれるものは違うように感じる。
ブログ村「エッセー」は、男性好みのものが上位ランキングに入っている。
年齢はとらわれないが、時間に余裕のあるリタイア年代が主な書き手、読み手だろう。
男性には、社会に開かれた内容のものが好まれるように思う。
政治経済、時事、文化歴史、客観的描写の旅???。
当然、例外もあるが。
逆に、心情や愚痴など、自分のことばかり書い詩琳美容ている、内向きの私的なものは、女性には読まれる傾向にある。

書き方や表現もさることながら、ブログ内容に左右される。
自分と同じ境遇、同じ思い、みたいな内容か、あるいは、まったく別世界のような内容。
両極端に二分化されるのでは?


ちょっと宗教がかった、カリスマ的なブログもある。
○○教、教祖様。
信者が読む。
わたしは、この手のものは、ニオイが嫌いなので、パス。

書きにくいことをビシバシ?ズバズバ書いているものも、突き抜けていて、ある意味、気持ちいい。
いわゆる、毒吐き。
ただし、人間性や人格を疑われることにもなりかねない。
読み続けると、毒を吐いている人から毒が抜け、知らない間に毒が読み手に溜まってくるのは副作用か。
一時期、私も毒吐き時期があり、読まれる方には解毒剤をオススメしていた。


まともな生活をしていなさそうなブロガーさんのブログは、わたしは読まない。
が、哲学系だとか、悶々と何かを追求しておられるものは、
生活はまともではなくても、内容としては面白い場合がある。
狂気系は、NG。



ひとそれぞれ

カテゴリー



日頃は、個々に活動、成り立っていても、
一致団結する場合もあるし、お互いが歯車になる場合もある。
いがみ合い、憎しみ合っているケースもある。

人の人生が、自分の人生に、めり込んでくる。覆いかぶさってくる。
自分の人生が、人の人生に、圧し掛かる。
お互い、助け合って生きているが、調整が難しい。

???

友人や仲間は、個々の人生同士、少し距離があり、うまいぐあいに関わると、負担が少なく良い効果を得られる。
が、家族は、濃厚。その分、絆も強い。
配偶者は変えられるが、親子は組み合わせをフレキシブルに変えることは出来ない。
最近は遺伝子検査で、親子でないことが発覚することもあるが、
普通に暮らしていたら、親子ではないのでは?と本気で感じないはず。
なぜ、真剣にDNA疑問を抱くのか? 検査を行うプロセスこそ、正常ではないと感じる。
実際に親子でないことが判明した場合、悪い結果ではあるものの、もやもやは解消されるだろうが、
親子であることが判明した場合、よけい、もやもやが増長して、悩みが深まる一方だと思われる。

???

が、あまり血に頼ると、おどろおどろしいことに、なりかねない。
血液は、さらさらのほうが、よい。
(さらさらには、玉ねぎが、いいそうだ)

???

なんの話だった?
あ、そうそう、「いつでも出来る」は、「いつまでも出来ない」の話。
ひとそれぞれという、話。

なんでもかんでも、ひとそれぞれ。
それじゃあ、話にならない。ポエム。

わたしは、めんどくさい場合、という。
反論があった場合、対処するのがめんどくさい。
「で、あなたは、そうなんですね。わたしは、こうなんです。あら、ひとそれぞれですね」
と、追及から逃げている。