せたくよまが

カテゴリー

人生は、自分がしに、丰盈达と一人の内心の沈积して、それはさらさら流れる気持ち、白雲気が気さくであり、活動が世の中で最も美しい姿で、

受合っ一分の大道理、浅夏の利発なものものしされ通渠なくても、自然には、质素寄り添え移り香、六月の花の香り、清风に響いてくる。浅い,たくさんのは良いです!一人を爱して浅い、それでいいんです。そして依存せよまで老、穏やかな生活には大きな波立つ事もありませんが多すぎて、「皮が)を见(み)山は山を见ていると、水は水、淡泊な歳月の中で、长く聞こえる。

この一生行わず、華やかに简単で、と通渠ても楽しくて、これ以上処種の一枚の光が内部の通幽処留漆黒のような花の香り、一つ人手を楽しんでいた普通でない生活の中の感激と喜びがあるだろう、たとえ歳月をはさむ荒廃がいて、君がいて、もキレイな人間だった。

雪のことを思い出した。小さな禅の話しによると、いわゆる银碗盛雪の日は、門前に、自分の裏にコースを撮っ柴米漬け漬物、茶をしようとして,詩酒がスリーファ網上理財イブの知己秉烛変化形……こうもの歳月が、お茶を饮みながら、平板で洗練されたときは、したいです。歳月の静上手だった。

この初夏の时はいつ見ても安易で、すべての静谧であろうと、みんなを提供した」とあいさつし蝶舞鳥、清风を経ての敷地内の蔷薇は近著に一筋の野生の花の匂いを、両手をひろげて、抱き合って日光の胸に、それが何かを詩的繁殖して、质素な生活をしていて、ロマンチックな歩きだした闲対一轮の花で、静1明け方の月は皆、歓喜の時は、全てのばらばらになって、时间が溶け、爱されるのは清浄なくの心、三二つの知己、数本闲书。ほら、歳月の青藤垣根の中で沸き立っ気付かないどころか、深く爱する。